中華スープ/コンソメスープを素早くつくろう。

中華スープもコンソメスープも、味噌汁と基本はいっしょ。キッチンに立って最初にする行動は、水を500CC入れて火にかけることです。


では、トマトと玉子の中華スープを例として解説します。

1467386141
(1)水500CCを火にかけている間に具を切り、玉子を溶いておきます。
ここでは、トマトは8等分に櫛切りにしたあと、さらに半分に切っています。澄んだスープがよければ、タネはとったほうがいいかも。
具と溶いた玉子はちょっと待機させます。


1467386161
(2)中華スープのときには、トマトは煮込みすぎるとおいしくないので、メイン料理ができる5分前くらいに、スープに投入し弱火で煮ます。中華スープのもともいれます。
このように、野菜の種類によって、入れるタイミングを体感で覚えていくことが重要です。


1467386174
(3)あと一分というときに、溶いた玉子をいれて、フタをし火を止めます。余熱で玉子を固めます。弱火で固めてもOKですが、強火だと泡立つのでやめましょう。


1467386182
(4)チャーハンとトマトスープだけで、十分立派な食事になります。


ということで、中華スープやコンソメスープも味噌汁と同じように、短時間ですばやく作ることができます。さて、最後はちょっと時間がかかるけどポタージュスープの作り方です。

前の記事>|<次の記事>|<最初の記事
この記事はメインコンテンツの一部です。
ぜひ最初の記事から順番にお読みください。


クリックを、なにとぞ、なにとぞ、よろしくお願いします。( ´人` )
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村