9つの野菜と心中する。

料理というパズルを簡単にするためには、食材を絞ることが近道です。僕がオススメする9つの野菜をご紹介。


基本の野菜


以下に、僕が「基本の野菜」と位置づけている野菜を並べます。僕が日常的に作る料理の9割は、ここに列挙される野菜で作られます。

もちろん、ここにある野菜以外は全く使わないというわけではありませんが、スーパーにいって野菜を選ぶときに、ここにある野菜以外の野菜は一品以内におさえるようにしています。今のところですが。

基本の野菜① 玉ねぎ


玉ねぎ君は、本当に優秀である。まず、なかなか腐らない。しかも、腐っても一皮むけば新鮮な玉ねぎ君がこんにちわする。なにより、生でも、煮ても、焼いても、炒めても、食べれる。そのレパートリーは無限大である。

→玉ねぎの保存はこちら
→玉ねぎのレシピはこちら

基本の野菜② キャベツ


こいつも、生でも、煮ても、焼いても、炒めても、である。腐ったら、一皮むくという点でも、玉ねぎに近い。ただ、一玉はほんとにでかい。だから僕は8割くらいの確率で半玉を買う。

→キャベツの保存はこちら
→キャベツのレシピはこちら

基本の野菜③ トマト


トマトは半分自炊のとっても強い味方である。カットするだけで、冷やしトマトという料理になるし、煮込んでもうまい。湯むきを覚えるとレパートリーもひろがります。
やや小さめのトマトのほうが、長持ちする印象です。

→トマトの保存はこちら
→トマトのレシピはこちら

基本の野菜④  にんじん


にんじんも、千切りにすれば生でも食べれるし、正しく保存すれば長もちもする。ベルナー社のVスライサーがあれば、手軽に千切りができて、非常にいいです。

→にんじんの保存はこちら
→にんじんのレシピはこちら

基本の野菜⑤ ほうれん草


ほうれん草は思った以上に長持ちする。そして、クセが少ないから、いろいろな料理に使える。いざとなったら、グリーンスムージーにも使えるから重宝する。

→ほうれん草の保存はこちら
→ほうれん草のレシピはこちら

基本の野菜⑥ じゃがいも


正しい保存をしないと、思ったよりすぐに芽が吹いてしまうじゃがいも。

そして、調理に時間がかかるじゃがいも。
半分自炊する上では、ちょっと手間がかかるやつです。
簡単なレシピを2、3覚えておかないと。

→じゃがいもの保存はこちら
→じゃがいものレシピはこちら

基本の野菜⑦ しいたけ


料理に深みを与えるきのこは、思ったより足が速い。

しかし、しいたけは冷凍保存ができるのだ。
冷凍保存を覚えれば、半個だけ使うということもできるようになります。

→しいたけの保存はこちら
→しいたけのレシピはこちら

基本の野菜⑧ しょうが


臭い食材でも、さわやかな料理にかえてくれるしょうが。

日本人的料理には、とても重宝します。
しょうがは保存方法によって、日持ちが劇的にかわる食材です。

→しょうがの保存はこちら
→しょうがのレシピはこちら

基本の野菜⑨ にんにく


しょうが同様、にんにくがあるとないかだけで、料理の幅は大きく変わります。なんか玉ねぎと似ているので、同じ保存方法が向いていると思っていたのですが、そうすると、意外と早くしなしなに。

→にんにくの保存はこちら
→にんにくのレシピはこちら

ということで、上の9つの野菜が半分自炊のメインプレイヤーです。
まずは、この9つの野菜の保存方法を学ぶことからはじめます。


前の記事:半分自炊は、食材を選ぶことからはじまる
次の記事:玉ねぎ、キャベツ、トマト、にんじんの保存
最初の記事:半分自炊ってなに?
この記事はメインコンテンツの一部です。
ぜひ最初の記事から順番にお読みください。


クリックを、なにとぞ、なにとぞ、よろしくお願いします。( ´人` )
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村