味噌汁をすばやく作ろう。

日本人の心、味噌汁。これをいかにスピーディーに作れるかは、全てを”目分量”で行うことが重要なのです。


009 (5)
(1)我が家は3人家族なので、基本3人前のスープをつくるときの量を暗記しています。まず、水は500ccです。ちなみに、僕は水500CCがどれくらいの量かというのを、お鍋にペンで印をいれることで覚えました。(今はもう消えていたので、今回撮影のために新たに入れなおしましたが、、、)
こうすることで、まず最初にカップで計量する時間が短縮されるのです。

ということで、僕がキッチンに立った時に最初にする行動は、なべに水を500CC入れて火にかけることです。


009 (6)
(2)鍋を火にかけたら、今日の具材をカットします。冷凍しいたけと冷凍油揚げが、まず鉄板アイテムとして選ばれます。油あげはちょっと水で洗って、油をおとしましょう。
あとはその日の余っている野菜から選びます。この日は、たまたま玉ねぎでした。


009 (7)
(3)切ったら、しいたけと油揚げはすぐになべのなかにポイといれます。
そして、ほんだしを1/4小さじスプーンで3杯。
これで下準備はOK。あとは弱火にして、メイン料理にいそしみます。


009 (1)
(4)メイン料理の完成が見え始めてきたら、
食材によりますが、あと5分というときに玉ねぎを、
あと1分というときに乾燥わかめをいれます。


009 (3)
(5)メイン料理が、いままさにできあがる!というタイミングで味噌を溶き入れます。


009 (4)
(6)あとは、お椀にきっちり全部入れてできあがり。
我が家はおかわりなしです。


これなら、メイン料理を調理している時間は含めず考えると、実質3分とか5分で味噌汁がつくることができます。
そして、半分自炊にとって、重要なのは、残らないことです。


前の記事>|<次の記事>|<最初の記事
この記事はメインコンテンツの一部です。
ぜひ最初の記事から順番にお読みください。


ブログランキングに参加しています。
クリックを、なにとぞ、なにとぞ、よろしくお願いします。( ´人` )にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村